toggle
2015-12-17

那須高原ビール:愛


スポンサーリンク


ちょっと訳ありで営業前に那須高原ビールさんに行きました。

来年にやりたいことの相談  ゴニョゴニョ…(ノ゚д゚(; ̄Д ̄)

 

那須高原ビール1

 

小山田社長と直接お話しをさせて頂きました。

なぜ、那須高原でビールなのか?
当然のことながら自然環境が素晴らしいのは分かると思いますが
ちょっと掘り下げたお話を聞くことが出来ました。

 

小山田者長の実家は家具を販売していたそうです。
しかし祖父の時には家具の製造から販売までを行っていたんだそうです。
その影響もあり小山田社長自身もデザインをしたり、何か作ったりといったことが
子供の頃から好きだったそうです。

そして「何か物を作る」という仕事がしたかったとおっしゃっていました。

そんな時に、お父様が買ってあった土地があり、しかも何もない更地状態。
そこの土地の水質を調べたら、非常に綺麗な軟水が出ることが分かったんだそうです!

それがきっかけで「水が良いから美味しいビールができるのではないか!?」と思い
この那須高原の地に醸造所を建てたそうです。

 

でも小山田社長自身はビールは苦手で、たしなむ程度だったそうだから不思議です。

 

その思いを胸にオープン前に自らドイツにビール作りの勉強に出かけました。
そこで目にしたことが信じられなかった言いいます。

 

ドイツの人のビールをの無料が凄い!!
何であんなに飲んでいられるのだろう?

 

そう思った小山田社長自身も毎日3~4Lのビールを飲んだそうです。
毎日その量を飲み続け感じたことがありました。

 

本場のビールは日本の大手メーカーのビールとは全く違う。

 

元々、たしなむ程度でしかお酒を飲まなかったはずなのに
毎日、毎日飲んでも飲み飽ず、翌日もお酒がが残ることもなく
体調も良かったんだそうです。

自分はそんなにお酒は強くないはずなのに何でなのだろう?
そんな事を毎日考えていたんだそうです。
醸造所を訪問し、飲んで、勉強して答えが出たそうです。

 

ビールとは副原料を使わず麦芽100%で無濾過で造られている。
こういうビールを造ろう!

 

それが現在の那須高原ビールの「軸」になっています。

 

那須高原ビール2

 

 

那須高原ビール:愛
5%  IBU:20

 

那須高原ビールロゴ

那須高原ビール・外観

 

この「愛」には物語があります。

那須は那須御用邸があることでも有名です。
以前から皇室とのかかわりは非常に深い土地が那須です。

 

那須御用邸は大正15年(1926)7月に完成しました。
当時皇太子であった昭和天皇が、出来たばかりの御用邸にひと月滞在されたのを機に、
昭和から平成の歳月の中で天皇家や皇族方がしばしばご静養に訪れています。
その度にテレビなどニュースで報道をされることもありましね。
特に昭和天皇は那須の自然をとても愛していました。
植物研究者でもあった昭和天皇は、「那須の植物」という著書も執筆なさっています。

昭和天皇は、昭和9年(1934)8月~9月にかけての1ヵ月を最後に中断しましたが、
戦後の昭和22年(1947)からは毎年、那須御用邸に滞在をされていました。

 

それほどまでに那須を愛していたのだと思います。

 

那須高原ビールでは、敬宮愛子さまのご誕生を記念して、
敬宮愛子内親王のお印としてのゴヨウツツジをラベルに描き
「愛」というビールを造ったという物語があります。

お印というのは日本の皇族方々の身の回りの品などに用いる徽章です
分かりやすく言えばシンボルマークです。

 

那須高原ビール・愛

 

現在のお印

・天皇陛下            明仁(あきひと)  榮(えい)
・皇后陛下            美智子様(みちこ) 白樺(しらかば)

・皇太子殿下           徳仁様(なるひと) 梓(あずさ)
皇太子妃殿下          雅子様(まさこ)  ハマナス
・愛子内親王殿下         愛子様(あいこ)  ゴヨウツツジ

文仁親王殿下(秋篠宮殿下)   文仁様(ふみひと) 栂(つが)
・文仁親王妃殿下(秋篠宮妃殿下) 紀子様(きこ)  檜扇菖蒲(ひおうぎあやめ)
・眞子内親王殿下         眞子様(まこ)   木香茨(もっこうばら)

・佳子内親王殿下         佳子様(かこ)   ゆうな
・悠仁親王殿下          悠仁様(ひさひと) 高野槇(こうやまき)

 

その「愛」が皇太子ご一家のお目にとまり、宮内庁から直接注文が入ったとそうです。

 

更に皇太子様からは「おいしかったとお伝えください」という
お言葉までいただいたそうです。
それ以来、たびたびご注文が入るようになっています。
通常であれば宮内庁御用達の酒屋を通すのですが
那須高原ビールさんの場合は、直接注文という非常に珍しいことなんだそうです。

 

 

そんな愛で満ち溢れたビールをどうぞ。

 


TAG index
関連記事
Comment





Comment