toggle
2015-12-09

反射炉ビヤ:ジェネリックIPA


スポンサーリンク


伊豆のイケメンブルワー阿久沢さん

 

反射炉ビヤ:阿久澤さん

 

その阿久沢さんが造るビールが登場です!

 

反射炉ビヤ:(ジェネリック)IPA
6.5%  IBU:70
アメリカンスタイルIPA

 
反射炉ビヤ:ジェネリックIPA1

反射炉ビヤ:ジェネリックIPA2

 

この「ジェネリック」という言葉。
TVや処方箋等でも聞きますね。

ジェネリック医薬品

そのジェネリックなんです。

 

意味としては「一般的な」「ブランドに囚われない」といった言葉です。

  • ジェネリック医薬品 ➞ 後発医薬品

という事になります。

 

そしてジェネリックと言えば黒柳徹子さんですね!!
ジェネリック医薬品の関するCMで出演をしています。

 

 

コレはさておき、ビールの本題に入りたいと思います。

 

反射炉ビヤさんでは発売しているビールには歴史上の人物が絡んでいたり
歴史背景から感じ取れる言葉をビール名に使用しています。

 

では、このジェネリックという言葉にどんな思いがあるのでしょうか?

 

コレは阿久沢さんの紹介文を引用させて頂きます。

 

アメリカンIPAを流行させた先発ブルワリーに対し、
後発かつ模造品的であることから、
ブランド(ブルワリー)にとらわれず飲まれるビールであることから
(ジェネリック) IPAと名づけました。
                      引用:反射炉ビヤ 公式サイト

 

ビールは綺麗なブラッドオレンジのような色合い。
ホップは王道でもあるカスケード、チヌック、アマリロで
そこに新世代のホップを2種加えています。
この辺りもジェネリックという意味合いを考えて意図したことなのでしょうか?

1:モザイク
トロピカルフルーツやシトラス、ベリーやハーブなどの香りが複雑に組み合う。

2:マンダリーナバーバリア
ドイツの新種ホップで名前の通りマンダリン(みかん)を思わせ、わずかに苺も。

 

この新しい2種のホップによるものか
オレンジのスッキリした香りに、わずかに香るベリー。
そしてIPAと言わんばかりのホップ感
非常に綺麗でバランスが良いです!

 

ぜひ、味わって下さい。

 

反射炉ビヤ1

 


関連記事
Comment





Comment