toggle
2015-11-26

イブ・マンソン氏特別記念講演①


スポンサーリンク


第10 回 ALL JAPAN ナチュラルチーズコンテストのお目当ての特別講演

 

イブ・マンソン氏特別記念講演
「チーズの消費を伸ばして行くために」

 

チーズコンテスト2

 

数回に分けて講義を受け感じたことや思ったことをご報告します。

 

今回のテーマである「消費をどうやって伸ばすか」がメインです。
この中に非常に大切な要素が4つありました。
順番に書いていきたいと思います。

 

① 一番に衛生に気をつけチーズを生産する

 

イヴ氏は、この「衛生」という言葉を何度も使っていました。

フランスは食品に対する基準が非常に高いです。
今でも農業大国フランスには様々な規定が各分野でハッキリしています。

ワインだってそうですよね!

同じようにチーズもです!!

 

その中で「HACCP(ハサップ)」の導入にも触れていました。

この説明は引用で記載します。

 

HACCP とは、食品の製造・加工工程のあらゆる段階で発生するおそれのある
微生物汚染等の 危害をあらかじめ分析( Hazard Analysis ) し、
その結果に基づいて、製造工程のどの段階でどのような対策を講じれば
より安全な製品を得ることができるかという
重要管理点(Critical Control Point ) を定め、
これを連続的に監視することにより製品の安全を確保する衛生 管理の手法です。

引用:厚生労働省・ハサップとは

 

この衛生。

僕も飲食業ですから衛生には常に気をつけても足りないくらい気をつけています。
だから掃除も徹底的に行なっています。

 

なぜ、衛生を一番目に上げたのか?

 

それは、この衛生というもので人をも殺せてしまうからだと思います。

飲食業も同じ人の命を預かっているんです!

 

この衛生という面で問題が大きいと
チーズという物自体に不信感が沸き信用がなくなり
業界全体の消費が落ちる

とイヴ氏は言います。

 

これはどの産業にも通じる重要な事だと考えさせられました。

 

僕は職業上のせいか、お店に行った時に
テーブルやカウンターに乗りっぱなしのお皿やシルバーを見てしまいます。

オープンキッチン店などはキッチンは整頓されているかなど。

 

僕はこの業界に入った時に徹底的に叩き込まれたことに
毎日感謝をしています。

 

イヴ氏がこの衛生を一番目に上げたことは非常に重要なんだなと。

 

飲食用は人間に必要な食べ物や飲み物で
人を喜ばせられる素晴らしい職業です。
しかし、食材1つで人の命をも簡単に奪うことも出来る職業です。
この「衛生」に関しては常日頃から些細な事でも注意をし
全員で取り組んでいくべき重要課題だと考えさせられました。

 


関連記事
Comment





Comment