toggle
2015-11-03

南信州ビール:ゴールデンエール


スポンサーリンク


前回、南信州ビールさんのポータのご紹介をしました。

今回は定番中の定番のアレです!

 

南信州ビール : ゴールデンエール 5%

 

駒ヶ岳11

南信州:ゴールデン

 

非常に上品な仕上がりです。
透明度が高い色はスッキリさを象徴しているようにも思えます。

その通り、口当たりも優しくスッキリタイプ
ホップのアロマ爽やかで程よい感じです。

 

食中ビールですね。

 

日本は四季折々、様々な食材がある国です。

周りは海に覆われていて世界でのトップの海鮮の国です。

生で食べれる魚も多く、海外の方は皆驚くのが現状。
それだけでなく味も鮮度も抜群です。

 

「魚」

 

刺し身を食べたとき、ビールを飲むと生臭さを感じます。
ここで言うビールというのは一般的な下面発酵のラガーです。

 

ラガーは上面発酵のエールよりもガスが強いです。
お腹もたまりやすく、キリッとした味わいや苦味との相性がイマイチ・・・

 

しかし!

 

エールですと、もともと味わいゆっくり飲めるビールですから
お腹が満腹になりづらい。

そして「香り」「コク」というものが食事をオブラートのように包んでくれ
一体感が持てるような感じがします。

 

でもコレには科学的な根拠もあります。

 

下面発酵のビールというのは成分の中に硫黄化合物が含まれています。
生魚などの生臭さの元になる物質も硫黄化合物(アンモニア)なので
どうしても生臭さが強調されてしまいます。

しかし、上面発酵のビールというのは硫黄化合物がほとんど含まれていません。

つまり!刺身を食べる時でも生臭くならないということが言えるんです。

 

科学的な根拠からも日本人の食生活に「エール」は向いてるんでしょうね!!

 

 

 

 


関連記事
Comment





Comment