toggle
2015-10-08

シルバーシール:デメララ エンモア ラム 2002 46% / Silver Seal :Rum DEMERARA ENMORE 2002


スポンサーリンク


 

素晴らしいものは時として
すべての人に受け入られるものではない

 

これが今回仕入れたボトラーズ(瓶詰め業者)の信念です。

随分と勘違いされそうな文だと思いますか?

 

僕はそうは思いません。だって・・・僕自信もそう思われがちなのでw

 

このボトラーズはイタリアの「シルバーシール社」

シルバーシール1

 

はじめの信念の部分でも分かると思いますが

万人受けする平凡なボトルなんかではなく、
他にはない独自のハイクオリティを追求しています!

 

シルバーシールブランドとしてボトリングされるのはラムだけではありません。
ウイスキー界にも多くのファンがいる実力があります。

ウイスキーもラムもすべて
膨大な数の樽から厳選し、選りすぐったの数少ない樽のみです。

トップブランドのボトラーであるシルバーシール社からは
常に品質が高く、素晴らしい味、アロマ、フィニッシュのコンビネーションで
「シルバーシール」というブランドの根強いファンが世界中にいます。

 

ちなみにスコッツマン用にスプリングバンクを購入しました♪
ウイスキーも非常に素晴らしい品揃えなんです。

 

イタリアというだけあってラベルもアーティスティックで有名です。

 

このラムはデメララ・ラムの一つです。

デメララ・ラムってのはガイアナ共和国(ブラジルの上の方)のデメララ側付近の
蒸留所で醸造されるラムです。

 

実は南アメリカで3番目小さな国でもあります。
デメララ、デメララって言うけど、そもそもデメララの意味って何さ!?
これは地名ですが、南米のインディアン達の言葉で「手紙の木がある川」という意味

 

そんでもって「手紙の木」って何なのさ!?

これが調べてみて驚きましたぁ~。

 

なんと、その木は「タラヨウ」という木で
ペンなどを使わなくても文字がかけるそうで

しかも、葉っぱに切手を貼れば手紙として使えるそうです。

参照:http://www19.atpages.jp/miyabixxx/tarayou.html

 

凄すぎるぜっ、手紙の木!!!

 

その言葉自体が訛化したもの、それがデメララと言われています。

この地は昔からサトウキビの栽培が盛んで、
取れた淡茶色の砂糖はデメララ糖と言います。
風味の強い砂糖でグラニュー糖よりは粒が大きいザラメのようなもので
イギリスのお菓子なんかによく使われています。

なぜイギリスか?
その辺りは歴史が絡んでいるんですね。

 

 

そして「エンモア」ですね。

これは蒸留所の名前です。

ガイアナのデメララ川東岸にかつてあった蒸留所なんです。
しかし1996年閉鎖で、蒸留器はデメララ川左岸の
ダイヤモンド蒸留所に設置されています。

ここでウイスキー好きが興味のわく話があります!

 

それは・・・

このポットスチル(蒸留器)はイーニアス・コフィが発明した
最初の木製の連続式蒸留器の完全な例で、
1880年に英国から輸出されたものとされていて
世界最古のエンモア・スチルなんです。

ということ。

 

そう、イーニアス・コフィです。
1826年、スコットランド人のロバート・スタインが連続式蒸留機を発明。
これを改良したアイルランド人のイーニアス・コフィーなんです。
更には改良したのに1831年に特許を取得しました。

この連続式蒸留機はコフィーの名をとってコフィー・スチルとも言われます。
更に又の名を「特許」を意味するパテントからパテント・スチルとも言われます。
連続に対して単式蒸留器というものもあります

 

連続式だの単式だの言っていますが
これは蒸留器のシステムの違いなんです。
YouTubeに良い説明があったのでハメ込んでみました。

 

 

見て頂けましたでしょうか!?
この2ちゃん風のしゃべり・・・!!(爆) かなり気になります。

 

さて、まだこのラムの味や香りの説明をしていませんが
この背景が非常に重要だと思うんです。

味や香りというのは個人でそれぞれ、違って当然です。
ましてや飲む環境等が加われば更に変化します。
自分の感じたことを思っていれば良いと思います。
そして自分の意見を人に押し付けるのではなく。

 

シルバーシール:デメララ エンモア ラム 2002
46% 

Silver Seal : Rum DEMERARA ENMORE 2002

 

シルバーシール:ラム・エンモア1 シルバーシール:ラム・エンモア2

 

こちらは非常に重厚で芳醇、さらに複雑です。
ブラウンシュガーやドライフルーツ、コーヒー
軽やかなオレンジも感じます。
甘さもありますが口に含んだあとにスパイスの心地よい刺激。

そしてウイスキーのような熟成感と樽の香り。

 

ウイスキー好きな方にも飲んで頂きたいラムです。

 


関連記事
Comment





Comment