toggle
2015-10-01

ブリュードッグ:ホップフィクション ペールエール  BrewDog:Hop Fiction Pale Ale


スポンサーリンク


ブリュードッグが最新技をお披露目したそうです。
Logo

その名も・・・・

「 ワールプールホッピング 」

 

通常ならビールのホッピングは煮沸時か熟成の最終段階に
タンクの中に直接投入をします。
でも、このお方たちは・・・


麦汁がワールプール(オリを集めて除去をするタンク)に入ると同時に

大量のホップを投入してしまう(ワールプールホッピング)という
製法を採用してビールを造りました

 

普通に考えればオリを集めて除去するところに
オリになりそうなものを入れる
でも、考え方を変えると
オリを集めて除去するんですから、その時にまとめて除去も考えられなくもない。
きっとそういうことです!!

 

以前プロトタイプで造られたことがありました。
それを造りこみ造りこみ、完成度を上げての登場です。

 

ブリュードッグ (スコットランド)
ホップフィクションペールエール
5.2%    IBU:40
アメリカンペールエール

BrewDog : Hop Fiction Pale Ale

 

ブリュードッグhopfiction2
ブリュードッグHop-Fiction

 

果たしてその完成度やいかに!?

前回のプロトタイプ時に出ていた茶葉っぽい苦みを抑え、
よりブリュードッグらしいフルーティーなホップ感が特徴です。

 

今回のものはプロトタイプの時よりもIUBもアルコールを下げています。
つまり・・・飲みやすさをプラスしているわけです。

 

カラーはクリアーなイエローで
非常に繊細なレモングラスのアロマが漂います。

 

ビールを飲むとファーストにほのかな甘味を感じます。
この甘味はとても爽やかで心地よいなぁ~っていう程度のものです。
しかしながらじんわりとビター感が出てきます。
この辺りがブリュードッグらしさ!?なのではないでしょうか。

 

 


関連記事
Comment





Comment